糖尿病 食事療法 目的

糖尿病の人は血糖値を良好にコントロールすることが重要

糖尿病患者には、食事療法は欠かせません。

 

これは、すでに糖尿病だと診断されている人はもちろんですが、
『糖尿病予備軍』と診断された人や、普通の人にも言えることです。

 

普段から規則正しい食生活をすることは、とても大切なことなのです。

 

糖尿病患者が食事療法を行う目的

そもそも食事療法は、糖尿病患者にとって必要な、基本的な治療法です。

 

糖尿病と診断された人の多くは、
暴飲暴食など不規則な食生活をしてきた人が多いと言われています。

 

ですから、食事療法の一つ目の目的は『食生活を改善』することです。
今までの不規則な生活を抜け出し、健康的な生活を送れるように改善していきましょう。

 

そして二つ目の目的は『血糖値を良好にコントロールする』ということです。

 

普通、食事をすると血糖値は上昇し、その後インスリンの働きによって血糖値は下がっていきます。
しかし糖尿病患者は、インスリンの働きが不十分なため血糖値がなかなか下がらないのです。

 

血糖値の高い状態が続くと、
高血圧などの他の合併症を引き起こすこともありますから、

 

規則正しい食生活をすることはとても大切なのです。

 

食事を摂る時間を一定にすることで、血糖値の下降はゆるやかであっても、
血糖値を良好にコントロールすることが出来るのです。

 

食事と食事の時間が不規則だと、血糖値が下がりきる前にまた血糖値が上昇してしまうのです。
これらを防ぐこと、それが糖尿病患者が食事療法を行う主な目的になります。

 

次のページでは、「血糖値が下がった!」と人気のサプリメントをご紹介します。