糖尿病 食事制限 食事療法

糖尿病の食事制限が守れなくて辛い

糖尿病の食事制限は単純にカロリーを抑えるだけではなく、揚げ物やお酒、甘いものなども控えなければいけません。糖尿病になってしまった人は、それまでの食生活を含めた生活習慣が乱れていた人が多いです。

 

暴飲暴食や頻繁なファストフードなど、食事内容が欧米化していた人にとって、糖尿病の食事療法はとても過酷なものに感じることでしょう。味付けは薄いし、何より好きなものを食べられないというストレスは半端ないのではないでしょうか。

 

そのうえ、糖尿病の人は胃の排出機能が非常に亢進しているそうです。
つまり、胃の中がすぐに空っぽになってしまうため、すぐに空腹感が襲ってくるのです。

 

糖尿病の食事制限が辛くなったら…

空腹感に襲われないようにするために、
なるべく消化に時間のかかるものを選んで食べると良いでしょう。

 

白米よりは玄米、パンは黒パンにしてみましょう。

 

空腹に耐えるのはとてもストレスがたまりますし、
途中で挫折してしまうきっかけにもなってしまいます。

 

食事制限にストレスはつきものですが、出来るだけストレスをためずに生活できるよう、
日頃から『ストレス発散方法』を見つけておくと良いでしょう。

 

食べたいものが食べられないことは、とてもつらいです。

 

最初から100%食事制限を守るのではなく、
常に80%以上は実行できるように努めることが大切です。

 

また、食事制限をまったく守れない人は、
糖尿病における食事療法の重要さを理解していないことが多いです。

 

なぜ食事制限が必要なのか、なぜこれを食べてはいけないのかしっかり理解しましょう。

 

次のページでは、「血糖値が下がった!」と人気のサプリメントをご紹介します。